【ぴったんこカンカン】キムタク(木村拓哉)が老けすぎ?顔のたるみで劣化した? 

2019年10月11日放送の「ぴったんこカンカン」にVTR出演するキムタクこと木村拓哉さん

SMAP解散後メディア露出が減っていたキムタクですが、ドラマ「グランメゾン東京」出演にて最近では番宣でのバラエティ出演が増えていますね。

そんな久しぶりに見るキムタクの見た目に世間では

キムタクってこんな顔だったっけ?

キムタク老けたなー

といった意見が多く見られました。

そこで今回は、キムタクこと木村拓哉さんの顔が変わり劣化したことや、老けたことについてSMAP解散後あたりから最新(ぴったんこカンカン)との画像を比較して見ていきたいと思います。

キムタク(木村拓哉)のプロフィール

本名:木村 拓哉
生年月日:1972年11月13日(46歳)
出身地:東京都
身長:176 cm
血液型:O型
職業:俳優・歌手・声優
ジャンル:映画・テレビドラマ・CM・舞台・バラエティ番組
活動期間:1987年 –
配偶者:工藤静香(2000年 – )
著名な家族:Kōki,(次女)、木村俊作(弟)
事務所:ジャニーズ事務所

引用:Wikipedia

キムタク(木村拓哉)が老けすぎ?

全盛期は毎年「抱かれたい男ランキング」1位をかっさらっていたキムタクですが、メディア露出が減ったからでしょうか、明らかに老いを感じますよね。

そこでメディア露出が減ったきっかけとなったSMAP解散時(2016年)からのキムタクの顔の変遷を見ていきましょう。

スポンサードリンク

SMAP解散時(2016年)のキムタク(木村拓哉)

「SMAP×SMAP」最終回出演時のキムタクです。

まだ現役アイドルですが、解散騒動等色々あり、すでに疲れた顔を浮かべていますね。

2017年のキムタク(木村拓哉)

12月の記者からの突撃取材に応じるキムタクです。

解散から1年で顔のおじさん化がだいぶ進行しているみたいですね。

2018年のキムタク(木村拓哉)

「GYAO!」の番組『木村さ~~ん!』第21回出演時のキムタクです。

ほうれい線がより深くなっているように見えます。

2019年(ぴったんこカンカン出演時)のキムタク(木村拓哉)

 

(現段階でぴったんこカンカンの画像がないため、東京フレンドパーク出演時のもので代用しております。)

2018年と比べてそこまで老けた印象がありませんね。

カメラの写り方・表情によって見え方が変わっているようですね。

スポンサードリンク

キムタク(木村拓哉)の顔の劣化はたるみのせい?

やはりキムタクの顔が劣化している直接の原因はたるんできているところなのではないでしょうか。

ここで、全盛期と呼ばれた時代の顔と現在の顔画像とを並べて見ていきましょう。

【左】2019年【右】2003年

ほうれい線だけかと思っていましたが、目尻・おでこ・肌等、様々老けてきていることがわかりますね。

顔のシャープさも全然違います。ただ、これで50手前と考えるとかっこよすぎる、と見えますね。

スポンサードリンク

世間の声

キムタクに対して賛否両論だったかなと思いましたが、肯定する意見のが多いように見えました。

老けてもなお、輝き続けるスターは未だにファンを魅了し続けているようです。

まとめ

今回は、キムタクが老けてきたことについて書いていきました。

あのキムタクですら老いには逆らえないのだなと実感しますね。しかし老いながらも、そこからにじみ出る渋いかっこよさはさすがと言えますね。

これからもドラマ等での活躍を期待しています。(もちろんSMAPの復活も、、、)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください