東関親方(潮丸・佐野元康)が死去!死因は血管肉腫?患った理由(原因)は?部屋の継承は高見盛関?

2019年12月13日に大相撲の元幕内・潮丸の東関親方が、血管肉腫のため13日夜に死去していたことが判明しました。

まだ41歳と年齢的に若いのにも関わらずなくなってしまったことに世間でも驚きの声が多く挙がっていますね。

今回は、東関親方の死因である血管肉腫を患った原因や東関部屋の継承についてみていきたいと思います。

東関親方(佐野元康)のプロフィール

四股名: 高見佐野→天福→潮丸
本名 :佐野元泰
愛称 :ウッシー
生年月日 :1978年5月11日
没年月日: 2019年12月13日(41歳没)
出身 :静岡市葵区
身長 :176cm
体重 :169kg
BMI :54.56
所属部屋 :東関部屋
得意技 :突き、押し、両差し、寄り
最高位 :西前頭10枚目
生涯戦歴 :482勝448敗41休 (92場所)
幕内戦歴: 68勝92敗20休 (12場所)
優勝 :十両優勝1回・幕下優勝1回
初土俵: 1994年3月場所
入幕 :2002年9月場所
引退 2:009年5月場所
引退後: 年寄・小野川→東関
趣味 :カラオケ

引用:Wikipedia

スポンサードリンク

東関親方(佐野元康)が血管肉腫を患った理由(原因)は?

東関親方の死因となった血管肉腫とはどんな病気なのでしょうか?

血管肉腫とは:

血管の内皮細胞から発生するがんのことです。珍しいがんですが、体のいたるところにできる可能性があり、皮膚に生じることが多いです。

特に高齢者の頭皮にできることが多く、極めて悪性度が高いがんでもあります。がんは短期間で大きくなり、さらに転移も生じやすく、予後の極めて悪い非常に重篤な病気です。

引用:メディカルノート

高齢者が患いやすいということもあり、「若いのになぜ血管肉腫?」と話題になっていますね。

そこで、血管肉腫になる原因について、みていきましょう。

血管内皮細胞が何らかの変異により異常増殖することによって生じるがんですが、どのような遺伝子変異や環境的な要因が原因になっているかは解明されていません。

しかし、高齢者の頭部血管肉腫の患者さんの20~50%は頭部にけがをしたことがあるというデータもあり、外部からの物理的な刺激が発症に関わっているとも考えられています。

引用:メディカルノート

直接的な原因は判明されていないようですね。

高齢者ではありますが、患った患者の過半数は頭部に怪我をしたことがあるというデータがあるようですが、

東関親方には特に大きな頭部の怪我はなさそうですね。

ただ、相撲取りですから練習などで細かい怪我をしている可能性がありますよね。

スポンサードリンク

東関部屋の継承は高見盛関になる?

 東関部屋の継承についてですが、上記の意見もありますように高見盛関が後任として選ばれるのではと言われていますね。

現在は、東関部屋の継承についてのニュースは出ていないのであくまで予想となります。

スポンサードリンク

東関親方(佐野元康)の死去に対する世間の反応は?

https://twitter.com/kazu1807200/status/1205760609356111872?s=20

スポンサードリンク

まとめ

今回は、東関親方の死因である血管肉腫や東関部屋の継承について書いていきました。

若すぎる死に世間は驚きを隠せないようですね。ご冥福をお祈り申し上げます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください