【元ドロンズ】大島直也とは波乱万丈な人生?現在は何をしているの?

2020年1月31日に元ドロンズの大島直也さんが脳梗塞で緊急搬送されたことがわかりました。

このニュースをみるまで、「大島直也さんとは誰だろう」と思ったので、今回は大島直也さんについて書いていきたいと思います。

大島直也のプロフィール

本名: 大島 直也
生年月日: 1971年6月6日(48歳)
出身: 神奈川県横浜市
コンビ名: ドロンズ(1996年 – 2003年)
相方 :石本武士

経歴:

1995年、お笑いコンビ「DRUG」を結成。同年マセキ芸能社に所属。

翌年に、コンビ名を「ドロンズ」に改名する。

2003年に「ドロンズ」を解散。その後夢であった俳優を目指すが鳴かず飛ばずに。

2006年、飲食店「ちりとり鍋 大島」を開業。

2008年には元タレントの武田夏葉子と結婚。しかし、2014年に離婚する。

2015年にタレント・俳優業を再スタートさせる。

同年、母親が肺がん(ステージ4)を患っていることが判明する。2017年の逝く間際まで看病する。

引用:Wikipedia

簡単に経歴をまとめてみました。

これだけみてもかなり様々なことが起こっている人なんだと思いますね。

お笑い・俳優・経営・結婚・離婚・母の死と、とても大変だったでしょう。

大島直也は現在何をやっている?

大島直也さんは現在は脳梗塞で療養中とのことですが、直前までは何をしていた方なのでしょう。

2017年までの母親の介護経験をもとに、介護体験談落として講演会の活動をしているようですね。

介護といえば、どの人にも訪れて、誰しもが苦労する話でしょうからニーズがあるはずですよね。

しかも、ただの介護ではなく、がんを患っている母というのは、他の方よりも苦労するところがあったはずですから、他の介護に直面している方たちには勇気を与えるでしょう。

また、俳優・タレント業への復帰も図っているようですね。

不幸にも脳梗塞を患ってしまいましたが、無事復帰すればTV露出などもできる可能性はありますし、ここからどんどん注目を浴びていって欲しいですね。

まとめ

今回は、元ドロンズの大島直也さんの経歴や現在について書いていきました。

大島さんの人生はとても波乱万丈で、普通の人よりも多く経験値があるようでしたね。

また、現在は介護体験をもとにした講演活動をして回っているようですね。俳優タレント業への復帰も目指しているようです。

今回の脳梗塞もさることながら、もはや彼の人生についてだけでも講演して回れるのでは?と思うほどですが、無事に脳梗塞を直し、早く復帰をして欲しいところです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください