【M1コメント全文】上沼恵美子の和牛に対するコメントがすごい!嫌いとの意見も!

2019年12月22日、、M-1グランプリの審査員として出演した上沼恵美子さん。

昨年、スパーマラドーナ武智さんや、とろサーモン久保田さんから誹謗中傷を受けたことで注目を集め、2019年も審査員に選ばれたことからどうなていくのか気になっていましたよね。

そして今年はコンビの和牛のステージでの立ち振る舞いに対してのコメントをしました。

それもからし蓮根へのコメントを求められている時でしたのでかなり異様だったようです。

今回は、上沼恵美子さんが和牛に対して送ったコメントについて書いていきたいと思います。

上沼恵美子のプロフィール

本名: 上沼 恵美子
生年月日: 1955年4月13日
出身地 :兵庫県三原郡南淡町福良(現:南あわじ市福良乙)
コンビ名 :海原千里・万里(1971年 – 1977年)
事務所 :上沼事務所
活動時期: 1971年 – 1977年 1978年7月 –
現在の代表番組 :『上沼恵美子のこころ晴天』『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』『快傑えみちゃんねる』

『上沼・高田のクギズケ!』
配偶者 :上沼真平
親族: 芦川百々子(姉)

引用:Wikipedia

【M-1コメント全文】上沼恵美子の和牛へのコメントがすごい?

上沼恵美子さんがからし蓮根へのコメントをしている最中にした和牛への批判コメントを全文紹介したいと思います。

上沼恵美子さんのコメント全文:

 

初々しいねやっぱり。

和牛には悪いんだけど、去年もその前も和牛に私チャンピオン入れました。

でも、なんかそういう横柄な感じが和牛に対しては感じました。

だからちょっと厳しい意見も、なんかもう「このステージは僕のもの、リサイタル」みたいな

なんおコンテストでも緊張感もない、なんかそういうぞんざいんな物を感じました。

でも、からし蓮根には初々しいものを感じ、もうほんと笑っちゃったし、フレッシュだし、必死さ。

テッペンを取ろうという、チャンピオンを取ろうという、この気持ちがグッと伝わってきて、私は大ファンよ。

頑張れ、頑張ってね!

(若い子たちがチャンピオンを取りに行こうとする姿勢が)それがM-1よ!

からし蓮根へのコメント中に急に和牛の話題が出てきてびっくりですよね。

上沼恵美子のコメントに対する世間の反応は?

今回の上沼恵美子さんのコメントに対して、批判や擁護の意見が殺到しています。

以下批判意見:

ここから擁護意見:

まとめ

今回は、上沼恵美子さんがM-1で残した和牛への批判コメントについて書いていきました。

内容としては「貪欲さが足りない」といった内容だったと思います。

このコメントに対しては「なぜ今いった?」「和牛おとしだ」といった批判や、「愛のあるコメントだ」「納得感ある」といった擁護意見がありました。

賛否両論あると思いますが、こういったピリッとした空気も必要なのかなと思いました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください