大阪府茨木市消防本部でいじめ!加害者の顔画像や名前は?

2019年11月12日、後輩を消防車に逆さづり、消防士長ら懲戒処分にする事件が発生しました。

消防士長らは「コミュニケーションのためにやった」とのことでしたが、流石にやりすぎたようですね。

そこで今回は、この件で懲戒免職になった消防司令補・消防士長・消防副士長の顔画像や名前について見ていきたいと思います。

大阪府茨木市消防本部でいじめ:概要

今年5月、給油所に立ち寄った際、救急車内で自動血圧計を後輩(20代男性)の首に巻きつけて圧迫し、内出血を顔などに生じさせたということです。

その日のうちに消防士長から申告を受けた消防司令補(47)は、関係者に口外しないよう求め、上司にも報告しませんでした。

この消防司令補を巡っては、4月に車庫内で別の後輩をロープで消防車に逆さづりにして放置したり、

体毛を燃やそうとしてライターの火に可燃性の殺虫スプレーを吹きかけ大きな炎を生じさせたりしたということです。

今年9月に被害男性から相談を受けた職員が申告して発覚。

茨木市消防本部白川分署に所属していた消防士長(34)と消防副士長(33)、消防司令補(47)が懲戒処分となりました。

引用:Yahoo!News

大阪府茨木市消防本部でいじめ!加害者の名前・顔画像は?

下手すれば人が死んでしまうような痛ましいこの件。

世間は「いじめ」としては認識せず、殺人未遂として捉えるような件です。

しかし、顔画像や名前の公表はありませんでした。

・懲戒処分の事実を公表することは従業員の名誉や信用を低下させる可能性がありますし、個人のプライバシーへの配慮も必要です。

社内ですら、懲戒処分者の名前を公表するかどうか、というラインであるので、社外に公表することはプライバシーの観点からなさそうですね。

スポンサードリンク

大阪府茨木市消防本部でいじめによる世間の反応は?

https://twitter.com/hiiragi994yuima/status/1194178277327290370?s=20

スポンサードリンク

まとめ

今回は、大阪府茨木市の消防本部でおきたいじめの加害者について書いていきました。

こういった行為が明るみに出ながら、それが犯罪とされず、人物の公表がされないのはなんとも言えないものです。

大人社会でもいじめがあるのだから、、と子どもが変な方向に納得しないでほしいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください