嵐が国民祭典で披露した奉祝曲「Journey to Harmony」の歌詞全文紹介!

2019年11月9日に行われる天皇陛下御即位を祝福する国民祭典が執り行われます。

この祭典の中で「奉祝曲」を披露する場面があるのですが、今回は、嵐が披露するみたいですね。

そこで披露する曲が公開されたので、本記事では、歌詞を紹介していきたいとお思います。

「Journey to Harmony」の歌詞全文紹介

作詞:菅野よう子 作曲:岡田恵和 歌唱:嵐

 

君が 笑えば 世界は 輝く

誰かの 幸せが 今を 照らす

僕らの よろこびよ 君に 届け

はじめはどここかの 岩かげにしたたり 落ちたひとしずくの 水が平野流れ

やがて研ぎ澄まされ 君をうるおし 鳥たちをはぐくみ 花たちとたわむれ

あの大河だって はじめはひとしずく 僕らの幸せも 大河にすればいい

ごらんよ 僕らは 君の そばにいる

君が 笑えば 世界は 輝く

誰かの 幸せが 今を 照らす

僕らの よろこびよ 君に 届け

星明かりにじんで ふと立ち止まったら 雨の匂いのなかに 虹のうたを聴こう

かすかなそのうた まるでひとしずく 静かにつながって 確かにつながって

青い空の下 夢など語りあう 愛と語り合う それが僕の願い

ごらんよ 光は 君と ともにいる

君が 笑えば 世界は 輝く

誰かの 幸せが 時代を 照らす

僕らの よろこびよ 君に 届け

君が 笑えば 世界は 輝く

誰かの 幸せが 時代を 照らす

僕らの よろこびよ 君に 届け

大丈夫 鳥は 歌っている 大丈夫 空は 輝いている

大丈夫 水は 流れている 大丈夫 海は 光っている

大丈夫 君と 笑ってゆく 大丈夫 君を 歩いてゆこう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください