國母和宏が大麻密輸で逮捕!家族や子供はどうなる?スノボ界で以前も大麻?

2019年11月6日、元スノーボードオリンピック選手でプロスノーボーダーの國母和宏選手大麻密輸で逮捕されました。

國母選手といえば以前のオリンピックで服装のだらしなさを指摘され、その時の会見で「反省してまーす」と反省の色のない対応をとったことで有名ですよね。

その際に見た目で判断するな、ということを強く訴えた彼ですが、見た目どおりの行動を起こしてしまいました。

今回は、逮捕後の家族についてや以前のスノボ界でも大麻が蔓延していた件について見ていきたいと思います。

國母和宏が大麻密輸で逮捕:概要

オリンピックの元日本代表でプロスノーボーダーの國母和宏容疑者が、アメリカから大麻を密輸した疑いで逮捕された。

國母容疑者を乗せた車は6日午後5時半過ぎに厚生労働省麻薬取締部を出て、午後6時過ぎ、東京湾岸警察署に入った。

大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは、プロスノーボーダーでバンクーバーオリンピック日本代表の國母和宏容疑者(31)。

厚生労働省麻薬取締部によると、國母容疑者はアメリカから国際郵便で大麻を送り、日本に密輸した疑いがもたれている。

6日午前、國母容疑者が東京・千代田区の麻薬取締部に出頭し、逮捕されたという。

引用:Yahoo!New

國母和宏逮捕で残された家族・子供はどうなる?

2009年に3歳上の一般女性と結婚していた國母和宏さん

二人の間にはすでに3人の子供がおり、地元の北海道で暮らす傍ら、仕事で年の3/4はアメリカにいるようです。

ご自宅は約500坪もあり、國母さん自身の年収が1億円行かないほどあったそうで、残された家族の当面の生活は保証されているように思います。

実際これからどうなっていくのかはわかりませんが、手元のお金だけでは生きてはいけないでしょうから、最悪の場合離婚も考えられますね。

スポンサードリンク

國母和宏が大麻で逮捕されたが、以前からスノボ界に大麻が流行っていた?

今回の事件で國母和宏さんが大麻を使用していた可能性が取りざたされていますが、

どうやらスノボ界では過去にも大麻絡みの事件があったみたいです。

というのも2016年に未成年の選手が大麻を使用していたことが発覚したみたいです。

もしかしたら、以前からスノボ界では大麻が流行っていた可能性がありますよね。

また、大会や夏季の活動で海外に行くこともありますから、合法地域で大麻にハマる、という可能性は高そうです。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、國母和宏さんの大麻密輸による逮捕について見ていきました。

大麻の使用はもちろん日本国内ではよくないのですが、アメリカ生活の長い國母さんにとっては当たり前のもの、という認識だったかもしれませんね。

だとしても日本に持ってこようとするのはいけませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください