宮根誠司が北海道札幌ディス!「こんなとこ」呼ばわりでクレーム殺到?

2019年11月1日、ミヤネ屋にて宮根誠司さんが問題発言をしたとして話題になっています。

物議を醸している「東京オリンピック マラソン開催場所問題」にて、札幌で開催した場合のコースを指してあたかも北海道・札幌を批判したかのような発言をしたようです。

そこで今回は、宮根誠司さんの発言全文を紹介し、世間の声を見ていきたいと思います。

宮根誠司が北海道札幌をディス!内容全文紹介!

こちらがミヤネ屋での宮根誠司さんの問題発言です。

・北海道は青い空と緑の木それを延々と繰り返すしかない

・この新川通、ずーと直線でなんにも無いじゃないですか、日陰も無くて

・その場所行くの大変なんでしょ?

・リポーター「この場所に来るには最寄り駅から30分40分くらい」

→そんなとこ行くかー?

・東京だったら雷門が見えてきましたとか東京タワーが見えてきましたとか

・色々、名所を言いながら実況できわけですよ

・これどう実況する?まっすぐで何にも無いとこ

・平坦な道で退屈ですね

「なにもない」と、魅力がまったくないかのような口ぶりですね。

そしてコチラが、ミヤネ屋での問題発言を写した動画です。(一部分のみです。)

あからさまに北海道・札幌を見下したような発言に捉えられそうですね。

この発言に同調するかのような相槌を打つ共演者もどうかと思いますが、、、

これは炎上しそうですね。

スポンサードリンク

宮根誠司の問題発言を受けて世間の声は?

こんなあからさまな発言を受けると、世間も黙っちゃいないみたいですね。

ここではいくつか世間の声を紹介していきたいと思います。

https://twitter.com/jojoakira/status/1190258188517429249?s=20

https://twitter.com/telunet/status/1190258499365695488?s=20

主に札幌にお住まいの方からの批判が多いみたいです。

・札幌は悪くないのに、、、

という意見を中心に、見当外れな宮根誠司さんの札幌ディスに怒っているようですね。

たしかに、全国ショーで別に地元民も望んでいない勝手な「マラソンの札幌開催」という話題で、

急に地元ディスを言われたら誰だってムッとしますよね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、ミヤネ屋での宮根誠司さんの札幌ディス発言について見ていきました。

宮根さんも「札幌開催より、東京のほうがいい」という理由の論理付けをしたかったと思うのですが、そのロジックの組み方をだいぶ間違えてしまったみたいですね。

論理性だけでは、うまく行かない、感情をおろそかにしてはいけないということですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください