川口春奈が沢尻エリカ代役で初大河出演!理由は演技力?実力不足は?

2019年11月21日、大河ドラマ「麒麟がくる」の濃姫役を務める予定だった沢尻エリカさんの代役が川口春奈さんに決まりました。

川口春奈さん自身大河ドラマ初出演で、棚からぼたもち的に抜擢されました。

そこで今回は、川口春奈さんが代役に抜擢された理由や、さwじ李エリカさんが残らなかった理由について書いていきたいと思います。

川口春奈のプロフィール

本名: 川口 春奈
生年月日: 1995年2月10日
出生地: 長崎県五島市(旧・福江市)
国籍 :日本
身長 :166 cm
血液型: O型
職業 :女優、ファッションモデル
ジャンル: テレビドラマ、映画、CM
活動期間 :2007年 –
公式サイト: 研音
ドラマ:『桜蘭高校ホスト部』『GTO』『金田一少年の事件簿N』『探偵の探偵』『ヒモメン』
映画:『映画 桜蘭高校ホスト部』『好きっていいなよ。』『にがくてあまい』『一週間フレンズ。

引用:Wikipedia

川口春奈が選ばれた理由は演技力・気高さ・強さ?

なぜ川口春奈さんが濃姫役の代役として抜擢されたのでしょうか。

NHKは以下のようにコメントしています。

「確かな演技力があり、戦国武将の娘としての気高さと強さを表現していただけると考え、お願いすることとしました。

しかし、世間からは「実力不足」が囁かれています。

ここまで言わしめる沢尻エリカさんの大きさには驚きます。

しかし、鳴かず飛ばずだった川口春奈さんがスターダムを駆け上がる道ができたと言っても過言ではないのでは?

スポンサードリンク

沢尻エリカのまま残さなかった理由は?

沢尻エリカさんの起用を避けた理由として、NHKは以下のようにコメントしています。

「受信料で成り立っているNHKとしましては、反社会的な行為については容認できない」

たしかに、納得の行く理由でしたね。

あくまで公平性の必要なNHKで、挑戦的な起用は流石に厳しいところでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、川口春奈さんが濃姫の代役として決まったことについて書きました。

理由は演技力ということでしたが、世間の印象では沢尻エリカさんの代役としては荷が重いのでは?という意見が多く見られましたね。

しかし、川口さんにとってもまたとないチャンスでしょうから、頑張って欲しいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください