中山仁が10月12日に死去していた!死因は肺腺がん?患った理由は?

2019年10月12日に肺腺がんによって俳優の中山仁が死去していました。

所属事務所からの報告だったのですが、遺族との相談で一ヶ月後の2019年11月11日に報告に至ったようです。

そこで今回は、中山仁さんの死因や・なぜ肺腺がんを患ったのかについて見ていきたいと思います。

中山仁のプロフィール

本名: 中山 仁平
別名義 :梶原 仁(旧芸名)
生年月日: 1942年9月25日
没年月日: 2019年10月12日(77歳没)
出生地 :中華民國・北平
出身地 : 東京都
身長 :176 cm
血液型 :A型
職業 :俳優、歌手
ジャンル: 映画、テレビドラマ、舞台
活動期間 :1965年 – 2019年
活動内容 :1965年 劇団NLT入団、1968年 浪曼劇場創立に参加、1972年 浪曼劇場解散
配偶者 :寺田史
著名な家族 :中山玲(娘)、ari(娘)
映画:『宴』『愛の讃歌』『智恵子抄』『囁きのジョー』『伊豆の踊子』『スペーストラベラーズ』
テレビドラマ:『サインはV』『七人の刑事』『草燃える』『ウルトラマン80』『付き馬屋おえん事件帳』
舞台:『鹿鳴館』『双頭の鷲』『黒蜥蜴』『女の一生』

引用:Wikipedia

中山仁の死因は肺腺がん?

中山仁さんの死因は肺腺がんのようです。

肺腺がんについて:

肺がんは「非小細胞がん」と「小細胞がん」の2つに大別できます。そして、非小細胞がんは「腺がん」「扁平上皮がん」「大細胞がん」とさらに大きく3つに分けられます。この中で肺腺がんは最も発生頻度が高く、肺がん全体のうち、男性では40%以上、女性では70%以上を占めています。肺腺がんは喫煙との関連が大きい小細胞がんや扁平上皮がんとは異なり、喫煙をしたことがない人にも多く発症するため、男性に比べて喫煙率の低い女性で特に多いタイプの肺がんと言えます。

この病気には、過去に俳優の中村獅童さんも患っていたようですね。

生存率も5年:80%、10年:50~60%でしたが、死去されてしまいましたね。

スポンサードリンク

中山仁が肺腺がんになった理由は?

肺のがんと聞くと、タバコの吸いすぎなど喫煙による原因を疑う事が多いと思いますが、どうやら肺腺がんは喫煙は関係ないようです。

肺腺癌は特定の遺伝子異常を原因として発症することがあります。

たとえば、EGFR、KRAS、ALK、BRAFといわれる遺伝子に異常が見られることがあり、

これらの遺伝子異常が原因となってがんが引き起こされることがあります。

ただし、こうした特定の遺伝子異常がすべての方にみられるわけではない点には留意が必要です。

また、肺腺癌は肺がんの一種に含まれますが、一般的に肺がんの原因として想像される喫煙との関連が強いわけではなく、喫煙者ではない方が発症することもまれではありません。

引用:Medical note

上記によると、遺伝子異常が原因のようですね。

スポンサードリンク

中山仁死去による世間の反応

まとめ

今回は、俳優の中山仁さんの死去について書いていきました。

死因は肺腺がんということでした。こうして昭和の名優が次々とお亡くなりになってくのは物寂しさがあちますね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください