飯田祐馬がKANA-BOON脱退!理由は精神的な病気?ラストライブはなし?

2019年11月12日、邦ロックファンにとって辛いニュースが出てきました。

KANA-BOONのBaを担当していた飯田祐馬さんがバンドからの脱退を発表しました。

6月から音楽活動を休止していた飯田祐馬さんですが、精神的なものはなかなか簡単に払拭することができず、脱退に至ったようです。

そこで今回は、飯田祐馬さんの脱退理由やラストライブについてみていきたいと思います。

飯田祐馬のプロフィール

名前:飯田 祐馬(めしだ ゆうま)
生年月日: 1990年6月27日
出身地 : 大阪府
学歴 :英真学園高等学校卒
担当楽器: ベース、コーラス
活動期間: 2011年 – 
バンド: KANA-BOON(2011年 – 2019年)

補足:高所恐怖症・蟹アレルギー持ち。

使用ベース:Fender Jazz Bass、LAKRAND Precision Bass、YAMAHA BB2024X

引用:Wikipedia

飯田祐馬がKANA-BOON脱退!理由は精神的な病気?

2019年6月に音信不通になり、バンドを離れていた飯田祐馬さん。

その後無事発見されるのだが、精神的な病を患い、バンド活動は休止していました。

もともとは周りのプレッシャーに押しつぶされ、心がだめになってしまっていた飯田祐馬さん。

活動休止から数ヶ月療養を試みたのですが、回復には至らず、「待たせたくない」という気持ちから脱退を選んだようですね。

スポンサードリンク

飯田祐馬がKANA-BOON脱退!ラストライブはなし?

飯田祐馬さんが脱退する前に最後に四人でのステージを見たい!

というファンも少なくないはずです。しかし、どうやら四人でステージに立つことはなさそうです。

以下KANA-BOONボーカル・ギターの谷口さんの脱退に対するコメントです。

谷口鮪(Vo&Gt)
発表の通り、飯田がKANA-BOONを脱退することになりました。
特にファンの皆さんには悲しい思いをさせてしまったと思います。
また4人でステージに立つ姿を見せることができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

問題は最後の一文ですよね。

この一言から、飯田さんがステージに立つことはない、と明言しているようなもんです。

スポンサードリンク

飯田祐馬がKANA-BOON脱退!世間の反応は?

https://twitter.com/onoperican0504/status/1194194878411882497?s=20

スポンサードリンク

まとめ

今回は、kANA-BOONでBaを担当していた飯田祐馬さんの脱退について見ていきました。

音信不通になった時点でなにかあるのでは?と思っていましたが、まさか最終的にはステージに立てず脱退と悲しい結末になってしまいました。

KANA-BOONでなくても、音楽はやめずに続けてほしいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください