中丸三千繪の家は豪邸?ギャラ2,000万と言われているが嘘で虚言癖が?

中丸三千繪さんといえば世界的なオペラ歌手です。2019年9月26日放送の「アウト×デラックス」に出演されるので今回取り上げました。

中丸さんのご自宅についてや、ギャラ・虚言癖について見ていきたいと思います。

中丸三千繪のプロフィール

中丸 三千繪
MICHIE NAKAMARU

オペラ歌手
広島大学客員教授 / 桐朋学園大学 元特任教授 / 医療法人 千樹会 理事 / 中丸舞台医学研究所 所長 / 中丸ヴォーカル技術研究所 理事長 / 日伊文化交流推進委員会 組織委員 / いばらき大使(茨城県) / 宮古島大使 / 水戸大使 / 日本ソムリエ協会 ソムリエ・ドヌール / ブルゴーニュワイン騎士団シュヴァリエ / シャンパーニュ騎士団オフィシエ / コマンドリー・ドゥ・ボルドー(ボルドーワイン騎士団) / イタリア共和国功労勲章 コメンダトーレ

引用:オペラ歌手 中丸三千繪オフィシャルサイト

中丸三千繪の家は豪邸?

中丸三千繪さんのご自宅に関して、2013年7月27日に放送された「ジョブチューン〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」でご紹介しているようです。

どうやら世界中に12軒もの家を持っているようで、ニューヨークやロサンゼルス・ナポリ・ローマ・フィレンツェ・ベネチア・ミラノ・コモ湖・リオン・パリ・グラスゴー・ロンドンにあるみたいです。

この番組ではイタリア・コモ湖にある家を紹介しておりました。

ご近所には、世界三大テノール プラシド・ドミンゴさんをはじめサウジアラビアの王様、ジャンニヴェルサーチなど超大物が住んでいるようです。

スポンサードリンク

中丸三千繪のギャラは2,000万円と言われているがそれは嘘で虚言癖がある?

上記の写真でもわかるのですが、中丸三千繪さんの1ステージ最大のギャラが2,000万円もあるようなのです。

確かにそれだけギャラをいただけるなら世界に12の自宅を持っていても不思議ではありませんし、その一つがあんな大豪邸でもおかしくありません。

しかし、中丸三千繪さんが虚言癖があると言う噂があるのです。

Yahooの検索予測に「中丸三千繪 嘘」と出てきますし、YahooのQ&Aでもそのような質問が出ています。

信憑性はないですが「火のないところに煙は立たない」といいますか、デマが独り歩きしているわけでもないと思っています。

以下の文は中丸三千繪さんが1ステージ2,000万円はありえないと説明しているブログから引用してまいりました。

・パリ、ロンドン、NYメトは、歌手のギャラは最高ランクで1公演同一ギャラ1晩税込み15000ドル。中堅歌手は、1晩5000-1万2000ユーロ。端役は1晩1000ユーロ以下。12年前から固定されたまま、1文の上乗せもなし。航空券、ホテル代など滞在費は歌手負担。(2010年10月仏フィガロ紙)
・スペインは他の国よりギャラがいいと主役級オペラ歌手が話していたが、今は経済危機でそんなことはないと思う。
・スカラ座は名誉はあるがギャラはよくないというのが通説。
・世界の主要劇場では、お互いに協議して歌手のギャラを決めているが、以前は、こうした約定破りをするのはイタリア劇場で、しかも袖の下がプラスされていた。(2010年10月仏フィガロ紙)
・歌手にとっては収入上乗せの道は、ディスクとリサイタルを重ねることしかない。リサイタルは民間プロデュースが大半のため、市場論理でギャラが決まり、歌手により1晩3万―20万ユーロ。(2010年10月仏フィガロ紙)

 ということで、「ワンステージ2000万」がオペラの公演なのか巨大会場でのコンサートなのか不明なので、何とも言えませんが、少なくとも中丸三千繪クラスでは眉唾。本当のオペラ歌手は、もうからないというのが相場です。「以前はイタリアでは袖の下」もあったそうですが、これは集客力のある人気歌手の場合でしょ。Il Divoのメンバーになる道もあったけど、オペラを選んだヴィットリオ・グリゴーロが「大金を失ったと思います。でも、多大な尊敬を得ました。これはお金では買えないものです」なんて言ってます。

引用:keyakiのメモ、メモ…

こういった話が出るように、もしかしたら中丸三千繪さんには虚言癖があるのでは?噂が立っているのかもしれませんね。

真実はどうなっているのでしょうか。本人のみぞ知るといったところですかね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、オペラ歌手の中丸三千繪さんについて書きました。世界に12もの自宅を持っていたり、1ステージ2,000万円というギャラをもつなどかなりセレブなようすですね。

しかし実際はどうかわからない、といったことが本記事での内容でした。

なにがどうあれ、オペラ歌手としての活動を続けていってほしいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください