【嵐】コンサートの本人確認で顔つき身分証明書がいる?警察に連行も?

2019年4月13日、嵐の20周年コンサートツアー「5✕20」の初日である名古屋公演にて、入場の際の本人確認が非常に厳しくなっているようです。

 

その厳しさとはどうやら、入場時に手荷物検査と本人確認が求められ、本人確認では顔つきの身分証明書が求められたということです。

 

また、入場口には警察も配備されており、本人確認の際に違法性が見られると連行されてしまっているようです。

 

そこで今回は、嵐の20周年コンサートツアー「5✕20」での入場時の本人確認についてや、不備があった際に警察に連行されてしまうかなど、調査してみたいと思います。

関連記事はこちら!

【完全版リスト】嵐のコンサートの本人確認で必要なものは写真付身分証明書?

【嵐】コンサートの本人確認で顔つき身分証明書がいる?警察に連行も?

2019年4月13日、嵐の20周年コンサートツアー「5✕20」の初日である名古屋公演にて、入場の際の本人確認が非常に厳しくなっているようです。

 

ライブの本人確認でここまで本気を出してくるとは運営もやりますね、、、この件で入場拒否された人たちからは非常に反感を買っているようですが、いったいどのようだったのでしょう。

 

では、コンサート入場時の本人確認について詳しく見ていきましょう!

【嵐】コンサートの本人確認で顔つき身分証明書がいる?

嵐のコンサートでの本人確認が厳しくなったことが確認されたのは2019年4月13日名古屋で行われた「5✕20」ツアーの初日です。

どうやら入場時に

・嵐ファンクラブの会員証

・本人が確認できるもの(顔つき身分証明書)

・QRコード(デジタルチケット)

が求められているよいうですね。会員証とQRコードはわかるとして、なぜ本人確認書類が必要になっているのでしょうか。

 

それはどうも、ファンクラブに自分以外の名義を使って登録し、コンサートチケットを不正に手に入れようとする人が多いために決行されたようなんです。

 

本人確認書類が必要となれば、他名義でチケットを手に入れた人は入場できませんからね、考えましたよね。

 

ちなみに同行者も同じように手荷物検査・本人確認・QRコードの提示が求められるみたいですので、嵐のコンサートに参加される方は気をつけてください!

 

しかし、本人確認時に他名義と発覚したファンはどうなってしまうのでしょう。そこを次に見ていきます。

関連記事はこちら!

【完全版リスト】嵐のコンサートの本人確認で必要なものは写真付身分証明書?

スポンサードリンク

嵐】コンサートの本人確認で警察に連行も?

本人確認で引っかかってしまった人はどうなるのでしょうか。

 

どうやら、不備対応窓口が設置されていたり、警察に連行されてしまうようです!

 

まあ当然といえば当然ですよね。会員証を他人名義で発行し、入場時に自分ではない人間の身分証明書を使って入場しようとしているんですから、、、

 

これは立派な身分詐称ですよね!きっと運営側も他人名義を使ってチケットを取得している人が多いことをわかっていてこういった厳戒態勢でコンサートに臨んだのでしょう。正直者がいずれは勝つのだと言うことがよくわかりますね。ズルはやめましょう!

スポンサードリンク

まとめ

今回は、嵐の20周年コンサート「5✕20」の入場時の本人確認で、身分証明書が求められる、警察がいるなどの厳重な体制について調査してみました。

 

誠実に、真面目にチケットを取得したファンにとっては非常に気持ちのいいライブになったのではないでしょうか?今後のライブの倍率も下がりそうですし最高ですね!

 

この対応を嵐だけでなく、他のアーティストにも適用されて、不正な利用が撲滅されることを願います!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事はこちら!

【完全版リスト】嵐のコンサートの本人確認で必要なものは写真付身分証明書?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください