北里柴三郎って誰?功績は?5千円札にもなった新渡戸稲造に似ている?

2019年4月9日に、新紙幣の発表がありましたね。一万円札が福沢諭吉から渋沢栄一に、5千円札が樋口一葉から津田梅子に、千円札が野口英世から北里柴三郎に変わります。発行時期は数年後としていますが、おそらく2024年11月1日にされることでしょう。

 

今回肖像画に選ばれた北里柴三郎ってどんな人物だかご存知ですか?ボクも実はあまりピンと来てないんですよね。簡単に調べたところだと日本医学の父だとか、、、

 

なので今回は、里柴三郎がどういった人物で何をしたのか、また以前5千円札に選ばれた新渡戸稲造に似ているかどうかの検証にフォーカスし、調べていきたいと思います。

北里柴三郎って誰?功績は?

2019年4月9日に新紙幣の発表があり、一万円札が福沢諭吉から渋沢栄一に、5千円札が樋口一葉から津田梅子に、千円札が野口英世から北里柴三郎に変わります。

 

資本主義の父と呼ばれた渋沢栄一、津田塾大創始者の津田梅子、近代日本医学の父と呼ばれた北里柴三郎の三名は、経済学問医学といった分野で先駆者として活躍された方々でこれからの時代を開拓していくにふさわしい人選だったかのように思います。

 

そこで今回は、千円札に選ばれた北里柴三郎について調べていきたいと思います。

北里柴三郎って誰?

北里柴三郎のプロフィール:

生年月日:1853年1月29日

出身:肥後国阿蘇郡小国郷北里村(現熊本県阿蘇郡小国町)

没年:1931年6月13日

北里柴三郎は、日本の医学者・細菌学者です。1870年に熊本医学校に入学し、そこで教師マンスフェルトに出会ったことで本格的に医学に目覚めました。その後は東京医学校(現東京大学医学部)へ進学するが、教授と何度も口論になり留年もしていたようです。卒業後は内務省衛生局に奉職、そこからドイツ留学、その後伝染病研究所の設立・慶應義塾大学医学部創設・日本医師会初代会長に就任などさまざまな活動をしました。

 

北里柴三郎は上記のように、日本の医学を根底から支えてきた偉大なる人物であったのです。

 

そんな北里柴三郎が残した輝かしい功績を見てみましょう!

スポンサードリンク

北里柴三郎の功績は?

上記に上げているだけでも様々な活動をしていた北里柴三郎。中でも一番有名な功績といえば蔓延していた伝染病ペストの病原菌、ペスト菌の発見ですよね!

ペストとは:

人類歴史を通じて最も致死率が高かった病原菌。この病気にかかると肌が黒くなったことから「黒死病」とも呼ばれていました。またこの病気が流行った14世紀には世界人口のおよそ20%のひとがなくなったとされています。

その他にもノーベル賞候補にも選ばれた実績があるのです!

それは北里柴三郎はドイツへ留学していた時の話、「動物におけるジフテリア免疫と破傷風免疫の成立について」という論文を同僚であったベーリングと共同発表しました。これが第一回ノーベル生理学・医学賞にノミネートされたのですが、ノーベル賞を受賞したのはなんとベーリングのみ、、、

実力だけ見れば間違いなくノーベル賞受賞することができるほどの人物だったことがわかりますね!

北里柴三郎は5千円札にもなった新渡戸稲造に似ている?

今ネットで話題になっているのがこの北里柴三郎が以前に5千円札の新渡戸稲造に似ているということです!まさかの紙幣に選ばれる人間の中で似ている人物が出てくるとは、、、という感じですよね。

 

百聞は一見にしかずですから、とりあえず二人の画像を見比べてみましょう!

口の形・ひげ・目の形・メガネが似ている点でしょうか。ただ思っていたよりも顔のサイズに差があるようでそこまで似ているというわけじゃありませんね。ぼんやり遠目で見ればにている、、、かも。

 

逆に顔の形さえ似ていればほぼそっくりさんだったという可能性はありますから、たまたま今回並べたものがそこまで似ていなかっただけかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、2019年4月9日に発表された新紙幣の千円札に選ばれた北里柴三郎について書きました。北里柴三郎さんは医学に関して研究・団体の設立など、多岐にわたる活動を行っており、またその実績を残してきた偉大な人物だったことがよくわかりましたね。

 

そんな北里柴三郎の数多ある功績の一つに、日本の紙幣の肖像画として選ばれるという輝かしい実績が加わりました。

 

実際に新紙幣を手に取るのはこれから5年半後とかの話にはなりますが、見た際には、日本の医学の土台を支えてくれた方なんだという認識をもって使用したいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください