Janne Da Arc(ジャンヌダルク)解散!理由はka-yu?モラルに反する部分とは?

2019年4月1日にビジュアル系バンドのJanne Da Arcが解散を発表しました。

2007年に活動を休止して以来(その際、宣言はしていないが活動が止まったため)、それぞれ個人プロジェクトとして活動をしていましたが、2019年、奇しくも新元号発表・エイプリルフールとかぶる解散となってしまいました。

今回は、2019年4月1日に解散したJanne Da Arcの解散理由について調査していきたいと思います。

Janne Da Arc(ジャンヌダルク)解散!理由はka-yu?モラルに反する部分とは?

Janne Da Arcは1996年から2019年まで活動したバンド。(2007年以降は活動を休止していたため実質は1996ー2007年)これまでに代表曲の「月光花」や卒業曲の「振り向けば」などビジュアル系の幅を超えて、一般層にも認知される曲を世に出し続けてきました。

またその演奏力も折り紙つきで、日本のドリームシアターと称されるほどの実力を持っていました。(ドリームシアターはアメリカのプログレッシブメタルバンド。非常に難解で複雑な楽曲を完璧に引きこなすことで有名)

2007年以降は各メンバーが個人プロジェクトとして活動をしていました。それから東日本大震災が起こった際などに、メンバー全員があつまりメッセージを送るなど、復活を匂わせることもあり、昨今の伝説のバンド復活ブームもあって、もしかしたら活動再開するのではないかという期待もありました。

スポンサードリンク

Janne Da Arc(ジャンヌダルク)解散!理由はka-yu?

今回の解散の理由はどうやらベースのka-yuさんにあるようです。公式ホームページの声明を見てみると、

・2019年3月31日時点でのバンド、及び事務所の脱退

・Janne Da Arcよりも優先するべきものがある

・モラルに反する部分

というような理由が述べられていました。

この脱退を受けて、これ以上Janne Da Arcはやっていけない、残されたメンバー・事務所が判断し解散に至ったようですね。

Janne Da Arcよりも優先すべきもの、というのに非常に興味がわきますが、残念ながらホームページの声明ではその内容について言及されていないようです。今後のka-yuの活動次第で明らかになってくるのでしょうか。

スポンサードリンク

Janne Da Arc(ジャンヌダルク)解散!モラルに反する部分とは?

しかし、この声明で一番気になるのはka-yu宛に届いたとされる「モラルに反する部分」です。どうやら弁護士事務所から届いたようですが、いったいどういったものなのでしょうか。

これまた昨今話題になっていた電気グルーブの1件コカインをピエール瀧さんが所持・使用し、逮捕された件ですね。なんとなくこういった部分が絡んでいるのかなと思いました。

警察やマトリが麻薬使用者の検挙を急いでいる流れの中で、同じミュージシャンであるka-yu氏にも飛び火した可能性は大いにあります。もしかしたらJanne Da Arcの音楽が今後聞けなくなるなんてこともありえますよね。

今のうちに是非音源のフィジカル版は購入しておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください