内田裕也さんが死去、その理由は樹木希林さんの死が関係している?

こんにちは。

 

2019年3月18日、歌手で俳優の内田裕也さんが亡くなられました。79歳でした。

内田裕也さんといえば、「ロケンロール」とよく発言していたり、麻薬や銃刀法違反・住居侵入などの逮捕歴を持つなどかなり破天荒な方でした。

 

今回はそんな内田裕也さんの死亡の理由について考えていきたいともいます。

内田裕也さんが死去、その理由は樹木希林さんの死が関係している?

内田裕也さんは、高校時代にエルビス・プレスリーに憧れ、高校を中退。

1957年にバンドボーイとして音楽活動をスタートさせた。幾つかのバンドを渡り歩き、66年のビートルズ日本公演では特別編成のバンドで前座を務めました。

のちに沢田研二とザ・タイガースを組んだり、フラワー・トラベリンバンドを編成し、カナダのチャートで8位を獲得するなどの活躍を見せました。

1970年代からは俳優としても活躍。「十階のモスキート」「コミック雑誌なんかいらない!」等の話題作に出演しました。

スポンサードリンク

理由は樹木希林さんの死が関係している?

内田裕也さんの死に関してなんですが、今のところは死因は判明していません。

ですが、いくつか死因として思い当たるところがありますね。

その一つが、樹木希林さんの死です。

樹木希林さんとは1973年にスピード婚。わずか1年半で別居生活になるなど、あまりにもロックンロールな夫婦関係だったとは思いますが、二人は最愛の関係であるとしています。

互いに、「彼にはひとかけらの純なものがあるから」「一生頭が上がらない」

と発言を残しており、なくてはならない存在同士であったのです。

そんな関係だったからこそ、内田裕也さんには樹木希林さんの死がかなり堪えたのではないでしょうか。

ここ2年ほど、病気や怪我で悩まされ続けてきた内田裕也さん。

2016年に尾てい骨、2017年に右足甲の骨折。同年に脱水症状で緊急入院をするなど、すでに体は満身創痍であったようです。

そんな中でも完全復帰を目指し、リハビリ中だったようですが、やはり「病は気から」という言葉が示すとおり、樹木希林さんの死が精神を蝕んでいったのではないでしょうか。

スポンサードリンク

最後に

今回は、内田裕也さんの死の理由について書きました。

まだ実際のところはわかっていないですから、また事実が判明し次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください