横浜シーサイドラインで逆走!再開はいつ?ズイパラへの別ルートは?

2019年6月1日、横浜シーサイドラインで逆走事故が発生しました。

 

どうやらけが人も出ているようですし、ホームドアの位置とずれており、

車内には人が取り残されている状況だったようです。

 

公共機関のひとつが使えなくなると、

利用者はかなり不便ですよね?

 

ズイパラなどのイベント参加者も不安に思っていると思います。

 

そこで今回は、横浜シーサイドラインの再開時期や、

ズイパラへの別ルートについて調査したいと思います!

事件の概要

2019年6月1日午後8時20分ごろ、

横浜市磯子区と金沢区を結ぶ新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅で、

車両が逆走して別の車両に衝突し、

21名のけが人(うち2名重症)を出した事故が発生しました。

出典:NHK NEWS WEB

横浜シーサイドラインの再開はいつ?

事故被害者の状況も気になるところですが、

利用者からしたら、運転がいつ再開されるかが気になりますよね?

 

公式の声明では、現在全線が運休になっており、

運転再開の目処がたっていない状態です。

2番線が使える状況ではあるらしいので、

今晩中は無理にしろ、明日には特別な形で運行する可能性はありますよね。

他にもこういった声がありますから、

明日の運行を願いましょう!

スポンサードリンク

ズイパラへの別ルートは?

2019年6月2日に横浜八景島シーパラダイスで行われる

ズイパラ」「レッパラ

ですが、当時予想されていたルートのシーサイドラインが使えないかもしれない状況になりました。

 

そこで本記事で迂回ルートを紹介したいと思います!

以上の情報から、会場へ向かう方法は

・金沢文庫駅からタクシー

・金沢文庫駅からバス

・金沢文庫駅から徒歩

の3通りがある感じですね!

お金がある方はタクシーでもいいと思いますよね。

バスは本数が少ないようですが、

最寄りの八景島入り口まで9分でつくようです!

 

一番のおすすめは京浜急行金沢文庫駅から徒歩で向かうことですね。

徒歩だと28〜35分ほどかかるみたいですので、

時間に余裕を持って行動することが必要ですね!

スポンサードリンク

まとめ

今回は、横浜シーサイドラインの再開やズイパラへのルートについて

調査してみました!

 

本記事の要約として

・再開時期は未定(明日には再開か?)

・ズイパラへのルートはタクシー・バス・徒歩

・徒歩が一番オススメ

というような内容でしたね!

一刻も早く被害者に安定した生活が戻り、電車が復旧することを望みます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください