終身雇用が崩壊?転職や中途採用者への差別はどうなるの?

2019年5月13日、日本自動車工業会会長であり、

トヨタ自動車株式会社の社長である豊田章男氏が

終身雇用守るのが難しい

と発言しました。

 

それに合わせて経団連会長の中西宏明氏も

終身雇用なんてもう守れないと思ってる

と発言しました。

 

日本経済のトップがこのような、

今までの日本の雇用のあり方を

覆すような発言をしたことで

話題になっていますね!

 

今までは終身雇用だから、

新卒で入った会社で定年まで働く

といった考えの人が多くいましたが、

もはやその次代は終りを迎えているのでしょう。

 

終身雇用がなくなった場合、

考えなくてはいけないのが転職。

 

しかし、今までの日本の風潮だと

転職に対してネガティブなイメージ

ついていますよね。

 

そこで今回は、終身雇用の崩壊による転職への影響と

転職のイメージについて見ていきたいと思います。

 

終身雇用が崩壊?

今回終身雇用が守れないと話したその会社は

日本で売上高が最も高く、

日本一社員のいる会社です。

 

そんな会社のトップが言った発言ですから

影響度・注目度ともにかなり高いです。

 

終身雇用が終わる理由として豊田章男氏はこう述べています。

「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」

出典:テレ朝NEWS

これはつまり、

あまり結果を出していない人を雇用し続けても労務費がかさむだけだよね?

といっているのだと思います。

まあなかなかに波乱を呼びそうなはなしですよね笑

世間の声

ここで少し世間の声を見ていきましょう!

 

賛否両論といった感じに見えますが、

実際は批判意見のがかなり多くありました。

 

ぼくは終身雇用が終わったからと言って

いつでもクビにできるよ!

と会社が言っているのではなく、

ちゃんと仕事してください

というメッセージなのかなと思います。

 

終身雇用が終わったとしても、

会社側の不当解雇はできないはずですから

しっかり仕事をすればクビになんてならないと思うのです。

スポンサードリンク

転職や中途採用者へのイメージは?

とはいえ、終身雇用が崩壊する世の中ですから

その会社以外での道も考える瞬間が来るはずです。

 

そこで出てくるのが「転職」です。

 

他の会社に移り、やりたい仕事やスキルアップをする。

そこでまたレベルアップすれば他の会社へ、、、

とメリットが多いと思うのです。

 

しかし

 

世間一般の「転職」ってイメージが悪いですよね?

特に親世代になってくると、終身雇用でやってきた人たちですから、

転々とする、情けない奴

と見ているかもしれませんね。

 

たしかに、

仕事ができない・コミュニケーションが取れない

などネガティブな理由で転職する方もいると思います。

 

そういう人たちはまさに「情けない奴」かもしれません。

しかし、スキルアップ・ステップアップのための

転職はさっきと真逆、イイはずですよね?

 

つまり

逃げる転職→イメージ悪

ステップアップのための転職→イメージ良

となるのです。

 

こうなると、中途採用者への味方も変わりますよね。

どういう経緯で入ったのか、一緒に働いてみてどうなのか、

良い中途採用者。悪い中途採用者が出るに決まっています。

 

結論、

転職のイメージはその人が出すものだということと思います。

まとめ

今回は、終身雇用の崩壊と、転職。中途採用について書いてみました。

(基本的に持論になってしまいましたが、、、)

 

終身雇用が終わった今、ただこの会社で働く!ではなく、

どう生きるべきかをみなが考えながら働かなければ

ならない時代になったということです。

 

ボーっと終身雇用の終わりを嘆くのではなく、

自分が生き残る道をしっかりと選択していきましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください